働きたくないブログ

一向にプラスに転じない競馬、パチスロの改善を試みるブログ

働きたくないブログ

アンタレスS予想!!

スポンサーリンク

どうもこんばんわむぎです。

金曜ロードショーで劇場版名探偵コナン純黒の悪夢やってたんですねぇミノガシチャッタ…(´;ω;`)

月末にHuluで配信始まるみたいなんで楽しみにしときます(´・ω・`)

さて、土曜はダート重賞アンタレスSが行われます。

先行馬に有利な傾向のあるコースですが、先行したい馬が多いのでどうなるか。

では気になる馬の考察を一頭ずつ。

 

1マイネルバイカ

昨年は地方交流重賞でも結果を残すも長期休養後は精彩を欠いています。

当時の能力を発揮できれば、現在160倍つくオッズは魅力的にも見えます。

ただ、同型の逃げ先行馬が多いため、展開的には難しいレースになりそうです。

2ショウナンアポロン

同じく逃げ馬。

前走はスタート直後に躓いてしまい後方からの競馬になってしまいました。

2走前の東海Sでは人気のグレンツェントモルトベーネとは僅差の競馬でしたが、今回は展開的に厳しそう。

3ミツバ

脚質の幅が広く安定感がある。

同舞台のオークランドRCTはレース上がり37.3の中36.3の上がりを披露し、加古川特別でも35.4の中34.6の上がりと、コース適正も高そう。

内枠で包まれない限り信頼度高いんじゃないかと。

4ロンドンタウン

川田騎手騎乗時は【3-1-0-0】と相性抜群。

中央重賞では力が足りないような競馬が続いていたが、前走マーチSでは外を回りながら4着に食い込む。

5ロワジャルダン

3走前のみやこSでは後のG1馬アポロケンタッキーや今回1番人気のグレンツェントと僅差の競馬をしており、人気のアスカノロマンモルトベーネには先着している。

前走14着と大敗しており人気を落としているが、蹄鉄がずれていたらしく参考外。

展開が向けば一発ありそう。

浜中騎手は過去1年このコースでの回収率が単勝複勝とも100%超えており、そういうところも期待できそう。

6グレンツェント

 今後の古馬ダート戦線を引っ張っていくようなスケールの大きさがある馬だが、重い阪神のダートや初の58キロと不安も。

7モンドクラッセ

スムーズに逃げれたらしぶといも、同型多くて。

10モルトベーネ

3走前の東海Sを12番人気ながら2着に粘る。

その後安定した着順ではあるが展開向いた感もあってどうか。

現在3番人気でさすがに人気しすぎかなぁ。

11リーゼントロック

緩かったトモが徐々に良化してきたらしいが、脚質と枠が厳しそう。

13アスカノロマン

展開のカギになりそうな馬。

東海Sでは少し控えたせいでかなりスローな展開に。

前走の鞍上木幡騎手は「強気に乗ってほしい」との指示があったようで、今回もそういう競馬になるとは思うが…

16ナムラアラシ

前走前残りの展開ながら1着。レースの上がりが36.6の中35.4と能力の高さを感じるも、追い込み一辺倒の脚質だと買いにくい。

 

結論

おそらくペースは速くなりそうなので差し馬を中心に。

ロワジャルダン

東海Sの大敗でオッズ的に魅力がある。

残り1000Mからの下り坂や直線に坂があって、仕掛けどころが難しいコースなので回収率の高い浜中騎手が乗るのも魅力。

○ミツバ

コース適正高く差し脚強烈。

中団での競馬を予想しているがブラジルCではハイペースながら逃げきり、先行しても大崩れなさそう。

▲ロンドンタウン

上昇著しく上積みありそう。

相性バツグンの川田騎手が乗るので、しっかり仕上げてるはず。

アスカノロマン

能力発揮できればある程度ペース上がっても押し切れそう。

グレンツェント

不安材料もあるが素質高い。

 と、いうことで

ロワジャルダン単勝500円と上記5頭の馬連ボックス10点に100円ずつの計1500円で行こうかと思います。

お金ないから収支プラスになるまで少額で…(´・ω・)