働きたくないブログ

一向にプラスに転じない競馬、パチスロの改善を試みるブログ

働きたくないブログ

混戦模様ではありますが…【2017京都新聞杯予想】

スポンサーリンク

いやぁかしわ記念面白いレースでしたねぇ。

武騎手の見事な騎乗に痺れました。

さて、かしわ記念の回顧はまたの機会にして、京都新聞杯の予想に移ります。

 ざーっと出馬表を見ると、OP勝ち馬すらいない小粒なメンバーとなりました。

とりあえずいつものように短評から参りましょう。

全馬短評

1カケルテソーロ

芝ではマイルでの3着がありますが、ダートで勝ち上がってきた馬でさすがにどうか。

2ダノンディスタンス

スタートでダッシュのつかなかった京都2歳S、心房細動を発症したのではないかとされる(佐々木調教師のコメントより)すみれS以外は安定しています。

重賞ではちょっと足りない感じもありますが、このメンバーなら。

先行馬に乗るとしぶとい和田騎手なのも魅力です。

3サトノクロニクル

追ってからの反応もよかった未勝利戦でしたが、中山での水仙賞はコーナーが原因かイマイチ反応悪い結果に。京都替わりは向くと思うのでここでも上位を狙える馬だと思います。

4インヴィクタ

ハービンジャー産駒で切れる脚がないため後方からの競馬が不発に終わってしまった前走。距離短縮でうまくポジションつけることができなかったのも原因に映り、200Mですが距離延長の今回は上昇見込めそうです。

5サトノリュウ

前走福寿草特別は大きく離して逃げた2頭の2番手集団から勝利を収めました。

展開向いた感じもあってなかなか評価の難しい馬です。

6ゴールドハット

京都の武騎手ということで買いたい部分もありますが距離に不安があります。

ハットトリック産駒ということもあり、2200替わりでの上積みも期待できなさそうです。

7ハギノアレス

前走の勝ちタイムは同日にアドミラブルが勝ったアザレア賞より速い時計でした。

しかし、1000M通過タイムが65.0だったアザレア賞と違って、ハギノアレスが勝った未勝利戦は62.9と2秒以上速いレースだったこともあり、あまり評価のできる内容ではなかったと思います。

8ミッキースワロー

1000M通過66.6というドスローのなか追い込んで5着だった新馬戦以降は、直線入口で先団に取りついてグイグイ伸びていく力強い内容のレースを続けています。

鞍上は2年目の菊沢騎手。京都での騎乗経験が少なく、3コーナーからの下り坂があるトリッキーなコースでどうか。

まくり競馬で結果を残してきた馬なので、経験の少ない騎手には仕掛けどころの難しいレースになるのではないでしょうか。

9メルヴィンカズマ

未勝利を脱するまでに9戦かかるも、サトノクロニクルやアドミラブルと僅差の競馬をしており、じっくり力をつけてきた印象。

前走はインで詰まってしまったことが敗因で、そのことで大きく人気を下げそうな今回はねらい目にも見えます。

11月から8戦目の競馬で使い詰めが心配ですが。

10ユキノタイガ

こちらも未勝利脱するまでに時間のかかった馬です。大差で負けることも多く、さすがに厳しそうです。

11プラチナムバレット

成績も安定していて大崩れはなさそうです。岡田牧雄オーナーのノルマンディーの馬なので叩いて上昇も見込めそうです。

12ウインベラシアス

徐々に力をつけていき、8戦目で未勝利脱しました。

前走は1000M60.0とそこそこのペースで逃げ切りましたが、重賞ではさすがに厳しいか。

 

展開予想

脚を溜めたい馬も見当たらず、ある程度速くなると予想。

結論

2ダノンディスタンス、3サトノクロニクル、4インヴィクタ、11プラチナムバレットが抜けてる感じ。

以下、5サトノリュウガ、9メルヴィンカズマまでかなぁと言ったところで。

◎インヴィクタ

400Mの距離短縮だった前走と違って距離延長で臨む今レースは、さらなる上積みを期待できそう。前走そこそこ速いペースのレースを経験できたのもプラス。

○プラチナムバレット

経験豊富で大きく崩れることはなさそう。クラブ馬なので是が非でもダービーに出したいところ。今回メイチの競馬と予想。

▲サトノクロニクル

ハイペースと予想した場合、ダノンディスタンスと比較してこちらかなぁと。ハーツクライ産駒らしい長くいい脚を使うところも、ハイペース向きか。

△ダノンディスタンス、サトノリュウガ、メルヴィンカズマ

買い目

◎○軸の三連複4点で計400円

◎から○▲△への馬連流しで5点500円

混戦に見えてもうちょい点数増やしたいところではありますが、インヴィクタを信頼してこんな感じで。