むぎさんのブログです。

ゲームやギャンブルが多めの雑記ブログです!

2017平安ステークス予想だよー

スポンサーリンク

2017平安S予想です。

アウォーディー、サウンドトゥルーらダートG1で活躍している馬の出走こそなかったですが、そこそこメンバー揃った感じですね。

上がり馬のグレイトパールにとっては、今後のダートG1で活躍する上で、試金石となる一戦になりそうです。

まずはレースの傾向について考えていきましょう。 

レース傾向

圧倒的に逃げ先行馬が強い傾向があります。

過去10年で差し追い込みから勝利を収めたのは07年のメイショウトウコンくらいなので、今年も前でレースを進めそうな馬を中心に、馬券を組み立てていった方がいいでしょう。

また、関東馬も不振な傾向にあります。

昨年は2番人気のロワジャルダン、2年前は1番人気のアジアエクスプレスがともに複勝圏内を外していて、関東馬が馬券に絡んだのは07年3着のシャーベットトーンまで遡る必要があります。

今年は人気のグレンツェントの出走がありますが、どうなるでしょうか。

関東馬の成績が悪いという傾向こそありますが、その原因も掴めないので無理に評価を落とす必要はないのかなぁとも思いますが。

他には馬体重500キロ以上の馬の活躍が目立ちますね。

まぁこのクラスのダートレースではそういった大型馬ばかりですけどw

さて、続いては短評に参りましょう。

短評

1マイネルバイカ

逃げ馬であることと、今年好調な岩田騎手で一発あるかもしれませんが、近走成績みるに、このメンバーでは厳しいか。

2タガノエスプレッソ

3走前は1400ですがフェブラリーステークスでも好走したエイシンバッケン相手に勝利を収めています。

前走は出遅れながらも0.5差まで迫っており、距離に目途はたちました。

メンバー強化と不振傾向にある差し馬ということが気になります。

3コパノチャーリー

逃げ馬なのは魅力ですが、層の厚いダート競走なので上がり馬は買いにくいなぁと。

4クリソライト

相性のよい武豊騎手騎乗でのレースになります。

クリソライトは自身のブログでも(笑)武騎手とのレースを熱望していたので、ここはメイチの調整で来てるのではないかと思います。帝王賞はアウォーディーに騎乗すると思うので。

出脚のつかないタイプの馬で、内枠で包まれないか心配もあります。

5ピオネロ

ダート転向後は安定した成績を収めており、ここでもと期待したいところではありますが、京都での騎乗経験の少ない石橋騎手でどうでしょうか。

6クリノスターオー

厩舎コメントを見ても、ここは叩き台かなぁと。

厩舎コメントを信頼しすぎるのはよくないですが、厩舎HPを作ったりとファンサービスのよい高橋義忠調教師なので、信頼できるのではないかと思います。

7アスカノロマン

先行できたらしぶといです。

実績はメンバー内では上位なので、ここでも期待できるのではないでしょうか。

 

 

8リーゼントロック

年末のレース内容がよく、マーチSでは本命にした馬です。

マーチSのころにはトモがパンとしないとコメントがありましたが、徐々に良化傾向にあるようです。

馬体重が増え続けているので、うまくダイエットできていれば。

 

 

9グレイトパール

ダート転向後4連勝の上がり馬。前走も3着以降には1.5秒も離す強い内容でした。

とはいえ、前走0.1差の2着だったコスモカナディアンは次走のマーチSを大敗しており、レースレベルに疑問がのこるかもしれません。

今年に入ってからイマイチ成績が上がらなく、重賞も勝ってない川田騎手というのも不安ではあります。

10ロワジャルダン

2走前の東海Sは蹄鉄がズレていての競馬だったようで参考外。

基本的にG3レベルなら安定している馬ですが、関東馬の成績が悪いこのレースでどうでしょうか。

11ロンドンタウン

こちらもG3レベルでは安定している馬です。

外枠での成績がちょっと落ちますが、最初のコーナーまでが長いコースなので心配ないかなぁと思います。

12マイネルクロップ

近走の成績ではさすがに厳しいかなぁと。

ただ、3走前にモルトベーネ相手に僅差の競馬をしているのは気になります。

13ラストインパクト

ディープインパクト産駒でダート重賞はまだ厳しいかなぁと。

まぁ最近はナムラケイトやタムロミラクルなども出てきてはいますが。

14ドリームキラリ

過去2走を地方の砂が合わなかっただけと評価すれば、まだ狙えるかもしれないです。

とはいえ、逃げ馬にとって外にケイティブレイブがいる枠順も不安があり、ちょっと厳しいかなぁと。

 

 

15グレンツェント

前走は初の58キロが影響したのか9着に敗れてしまいました。

関東馬の成績が悪いという傾向や、逃げ先行馬に有利な傾向を考えると軸にはしにくいかなぁとも思いますが、実力的には十分通用するはずです。

16ケイティブレイブ

番手で競馬をしたい武騎手と逃げたい目野調教師の間で意見がまとまらなかったようで、前走から福永騎手が騎乗しています。

そんなこんなもあって逃げるのは間違いなさそうですね。

武騎手のクリソライトには負けられないレースになるとは思いますが、レースを使って仕上げるタイプなのでどうでしょうか。

展開

コパノチャーリー、ドリームキラリ、ケイティブレイブと逃げたそうな馬が多いですが、ベテラン福永騎手と黛騎手、松若騎手の若手2人なので、案外ケイティブレイブにとって楽な展開になるかもしれないです。

ケイティブレイブはちょっと早めのペースで押し切りたいはずなので、そんな流れになるのではないかと思います。

 

結論

◎ケイティブレイブ

逃げ馬強いこのレースなので。いまのところ人気も手ごろでいいんじゃないでしょうか。

○アスカノロマン

実績のある先行馬で。

 

人気どころのグレイトパールはケイティブレイブが作る厳しめの流れに不安です。

グレンツェントは不振の関東馬であることと差し馬であることで評価を下げました。

とはいえ、能力は高いので馬券に絡む可能性は捨てきれないところですが。

クリソライトは内枠で包まれてしまうのではないかと予想。ただ、コパノチャーリーやドリームキラリが絡んで縦長の展開になれば、浮上してくる可能性もあると思います。

買い目はケイティブレイブ単勝300円馬連◎○300円ワイド◎○500円にします。

いやぁねぇ!先日また!パチスロ負けちゃって!!お金なくなっちゃいましたあ!!

せっかくお給料入ったのに…