働きたくないブログ

一向にプラスに転じない競馬、パチスロの改善を試みるブログ

働きたくないブログ

安田記念回顧

スポンサーリンク

2017安田記念の回顧ですぅぅ。

 

予想はこちら☆

安田記念の予想だぞん - 働きたくないブログ

 

まずは馬場状況。

前日最終レースは

f:id:mugi_1023:20170604024734j:plain

 

内から8頭ほどのスペースが荒れているようでした。

当日最初の芝レースでは

f:id:mugi_1023:20170605120701j:plain

f:id:mugi_1023:20170605120715j:plain

 

やっぱり内側が荒れているようでした。

しかしレースが進むにつれて

f:id:mugi_1023:20170605120838j:plain

f:id:mugi_1023:20170605120825j:plain

 

内側にも進路を獲る騎手が増え、内外での馬場差は少なかったのかもしれないですね。

 

では安田記念の回顧に移りましょう。

まずスタートでは、追い込み馬グレーターロンドン、ロンギングダンサー、アンビシャスが出遅れ。

 

f:id:mugi_1023:20170605121131j:plain

 

ヤングマンパワーもイマイチダッシュがつきませんでした。

f:id:mugi_1023:20170605121343j:plain

 

すーーっと最内に進路を獲れたロゴタイプ。一緒に着いていければよかったんですが、ブラックスピネル、サンライズメジャーより後ろになってしまい、外々を回ることになってしまいます。

 

ラップを見ると2ハロン目に10.6と速いタイムが記録されました。

f:id:mugi_1023:20170605121753j:plain

レース情報(JRA) - netkeiba.com(ネット競馬さんより)

 

レース前にはスローペースとの予想が多かったですが、1000M通過が57.1となかなか速いペースになってしまいました。

直線に入ると。

 

f:id:mugi_1023:20170605122131j:plain

f:id:mugi_1023:20170605122152j:plain

 

エアスピネルとイスラボニータは詰まってしまって万事休す。

内で脚を溜めていたレッドファルクスは

 

f:id:mugi_1023:20170605122345j:plain

f:id:mugi_1023:20170605122507j:plain

結果的に上位に入賞するグレーターロンドン、サトノアラジンの後ろに上手く入ることができ、スムーズに外に出すことができました。

 

最後は逃げるロゴタイプにスムーズに進路を獲れたサトノアラジン、レッドファルクス、グレーターロンドンが迫ったところで、

 

f:id:mugi_1023:20170605123414j:plain

ゴールイン

勝ったサトノアラジンは展開もポジションも抜群にハマったんじゃないでしょうか。

 

f:id:mugi_1023:20170605123551j:plain

直線手前までさほどロスなく進め、

 

f:id:mugi_1023:20170605123813j:plain

うまく先行できなかったロジチャリスを交わして、ヴィクトリーロード一直線でした。

 

f:id:mugi_1023:20170605124205j:plain

勝ったぜぇ(^_^)

 

レース後コメントはこちら。

【安田記念レース後コメント】 サトノアラジン川田騎手ら - netkeiba.com(ネット競馬さんより)

 

アラジンの勝利はやはり馬場と展開が向いたことでしょうか。

前日のように差し馬が外々を回る馬場だったらこの結果はなかったと思います。

前日最終レースとのパトロールビデオを見比べると、

f:id:mugi_1023:20170604024734j:plain

f:id:mugi_1023:20170605125514j:plain

 

内の方では土煙も上がっていて明らかに馬場が悪かったんですが、終わってみれば1:31.5とレースレコードに0.2差の非常に速い時計での決着となりました。

終始内での競馬を進めていたロゴタイプも同じタイムで走っているわけで、見かけより馬場がよかったのかもしれません。

 

10レースでは先行したロワアブソリューが馬群の真ん中に出して勝利を収めました。

 

f:id:mugi_1023:20170605132255j:plain

このレースを見ても、やはり外に広がると思ったんですが、イスラボニータにしてもエアスピネルにしてもG1では善戦マンなところがあり、イチかバチかで内を突いたんでしょうか。

アラジンの能力を信じて、最初から大外でのレースを考えていた川田騎手との信頼関係が実を結んだ結果かもしれませんね。

 

気になる馬について

・サトノアラジン

強いのは間違いないんですが、やはり展開や馬場に左右されますね。

今後はかなり人気するはずなので積極的には買えないかもしれないです。

 

・ロゴタイプ

フレグモーネでダービー卿CTを使えなかったことがネックになり、買えなかった馬です。

個人馬主ならともかく天下の社台馬ですから、実力出し切れる状況じゃなければ出走させないんでしょうね。外厩もありますし社台やノーザンの馬に対して調整過程を理由に評価を落とすことはしないようにしようと。

 

・レッドファルクス

展開やポジションに恵まれての3着に見えます。やっぱり1600はちょっと長そうですね。結果的に馬券に絡みましたが3番人気の馬ですから、期待値はなかったんじゃないでしょうか。とはいえ、よく頑張ったと思います!馬券を買ってから知ったんですが、デムーロ騎手が先約のブラックスピネルより優先した馬だったようで、先に知ってたら馬券の組み立て方も変わったかなぁと反省です。

第643回&第644回:安田記念週 | 採れたて!トレセン情報 | うまスクエア(うまスクエアさんより)

 

・グレーターロンドン

こちらも初重賞ながらよく頑張りました!ペースが速かったこともあり最後は伸び脚欠きましたね。一瞬詰まりそうな場面もありましたが問題なかったです。G1でもやれる目途は立ったと思いますが、追い込み馬なので展開やポジションに左右されますね。

 

・エアスピネル

ゴール直後のパトロールビデオを見ても脚を余している感じがあり、もったいなかったですね。

 

f:id:mugi_1023:20170605140920j:plain

ただ能力の高さは証明できたと思います!天皇賞秋やマイルCSでは積極的に買いたい一頭ではないでしょうか。

 

・ステファノス

久しぶりのマイルがG1ではさすがに忙しすぎましたね。大外枠も響いたと思います。もう少しペースが落ち着けば一発あったかもしれないです。おそらく大目標は天皇賞秋になるのでマイルCSは厳しそうですが、メンバー次第では来年の安田記念でも狙ってみたいです。

 

・イスラボニータ

エアスピネル同様こちらも直線で詰まってしまい実力を発揮できませんでした。ルメール騎手はもっと安全に乗るかと思ったんですが、勝ちにこだわった結果なので仕方ないですね。

 

・クラレント

2ハロン目が10.6とかなり速くなってしまい出番がなかったです。G1では厳しそうですがまだまだ頑張れそうですね。

 

・ロジチャリス

こちらもテンが速くて追走に苦労してしまいました。

 

・アンビシャス

かかることもなく気持ちよく走っていたように見えたんですが、まったく伸びませんでした。ペースが速すぎると最後に脚が残らないのかもしれないです。能力は高いはずなんですが難しい馬ですね。

 

・ヤングマンパワー

うまくポジション獲れず、残念な結果でした。広い新潟なら大丈夫でしょうが多頭数は苦手かもしれないです。

 

・ブラックスピネル

そこそこペースが速かったとはいえ、距離ロスも少なくここまで負けたのは不思議です。故障などなければいいんですが。

 

f:id:mugi_1023:20170605145555j:plain

レース情報(JRA) - netkeiba.com(ネット競馬さんより)

 

馬券は本命エアスピネルからヤングマンパワー、ブラックスピネル、ステファノスのワイド流しで300円

上記4頭ワイドボックス200円ずつの合計1500負けでした。

新馬戦当たったりで他のレースちょいプラだったんですが、安田記念でマイナスになっちゃいました(´・ω・`)

 

サトノの馬の借りはサミーの台で!

f:id:mugi_1023:20170605150039p:plain

 

本日導入開始!って全然設置ないんですけどどーなんですかね。