むぎぶろぐ

ゲームやギャンブルが多めの雑記ブログです!

パチスロHEY!鏡を打ってきました。感想とか。

スポンサーリンク

今回は初の6号機!「HEY!鏡」を実戦する。人気作「番長シリーズ」のスピンオフ作品で人気キャラクター「鏡慶志郎」が主役になっている。純増枚数はなんと5.0枚という大盤振る舞い。破格の純増を体感できればいいのだけどー。

 

HEY!鏡実戦

打った台は250Gハマり「HEYカウンター」60の台。

過去の番長シリーズはゲーム数やベル回数を使って、アツいゾーンを作っていたが今作は「HEYカウンター」がその役目を担っている。通常モードでは「100から132」「300から332」「500から532」がアツく、通常モードでは599、チャンスモードでは699が天井だ。規定HEY到達で特訓に発展。今作の特訓は約30%の期待度と大きなチャンスになっている。

 

f:id:mugi_1023:20181018142257j:plain

HEYカウンターに仲間がいるとチャンス。舎弟(ブラザー)はたまに大きなポイントを獲得(といっても10とか30が多かった)。牡丹ちゃん(ベリィ)はベル入賞での獲得ポイントが増加。マチコ先生(キャサリン)は毎ゲームポイント2倍になっている。ベリィ、キャサリン滞在時はベル、レア役でサクサクポイントが溜まるので、ここでのヒキが肝心だ。ちなみに夕方背景の高確状態では仲間獲得が優遇されており、複数キャラが滞在することも少なくない。

 

実戦開始から2回目の特訓でボーナス当選。ボーナスは20Gの疑似ボーナスになっていて、ここでのヒキ次第で終了後のCZ「ドライブゾーン」のステージが優遇される。今回は1番弱い「バス」に発展し残念ながらAT当選ならず。

 

続いてのボーナスは567G。チャッピーを撃破してボーナス当選するも、やはりAT当選ならず。途中特訓を5回もスルーしたのが痛かった…。ちなみに5回目の特訓のみ信頼度50%越えるらしい。5回目「以降」ではなく「のみ」なので注意。

 

204Gに3回目のボーナスを引き

 

\カカカッ カ モ ー ー ン /

 

ようやくAT慶志郎チャンスに当選!

今作のATはベルナビの回数で管理されており、規定回数到達で終了となる。100ナビでも獲れたら1000枚ほどの出玉も夢ではないのだが、10ナビで終わることが非常に多い。

 

AT終了後はCZから始まり、ここでのループが大事。期待度の低い番竜門ステージでも約60%もの期待度があり、連続性にも期待が持てるが今回は単発終了。しかし終了後に即特訓に発展しAT引き戻し。このATでは

 

f:id:mugi_1023:20181018141610j:plain

途中頂対決にも発展。頂対決は50%以上の確率でATがループする。さらに上位の絶頂対決ならば82%ものループ率を誇り、過去のシリーズ作同様に大量出玉のトリガーとなっている。

頂対決に勝利すると

 

f:id:mugi_1023:20181018141626j:plain

チャッピーのダンスが見られるゾ!

頂対決は2連で終わったものの

 

f:id:mugi_1023:20181018141636j:plain

700枚弱とまずまずの出玉を獲得する。

 

終了後1発目の特訓で

 

f:id:mugi_1023:20181018141649j:plain

番長シリーズおなじみの「次回予告」が発生!!安堵して対決を消化していると

 

 

f:id:mugi_1023:20181018141703j:plain

えっ!?

 

なんと外れてしまう…。番長シリーズで次回予告外したの初めてかもしれん。

まぁしかし、2回目の特訓で無事ボーナス当選(AT入らず)

終了後1回目の特訓で再度ボーナスを引く、

 

f:id:mugi_1023:20181018141721j:plain

ゲージが貯まって青7降臨!

※写真の段階から青7確定するまでが案外長く、ギリギリで青7獲得できないパターンも多いのかも。

 

AT突入の大チャンスではあったが、残念ながら獲得ならず。特訓1回消化してやめました。マイナス12本。

 

感想

1000円で50G近く回ることもあって番長シリーズのわりには「遊べる」という印象を持った。一度AT入れれば70%程度のループ率があるので、単発終了が少ないのもいい。

一方で、ベルナビ回数も少ないのは大きなガッカリ材料。今回の実戦では8割9割ベルナビ10個で終わってしまった。ベルが11枚払い出しなのでベルナビ10個だと80枚程度の出玉で終了してしまい、さらに終了後のCZでも出玉の削りがあるので、10ナビ終了だと雀の涙ほどの出玉しか残らない。初回セットだけは30ナビくらい欲しかったなぁ。200枚くらいがっつり増えないと純増5枚感を体感できないしね。

 

結論としては大きな出玉の獲得は難しそうだけど、そこそこ遊べる台だし番長シリーズ好きなら楽しめると思う。

HEYカウンター狙いの他に、ゲーム数天井(950+前兆)も狙えるので、そういう台を狙って打てば大負けする可能性は少ないはず。ちなみにゲーム数天井は青7の振り分けが優遇されるようなので、AT突入の可能性も高くなっている。

 

5.9号機から有利区間に1500Gの天井が設けられ、実質的に天井機能の廃止になりました。しかしHEY!鏡は通常時も有利区間にすることで天井を作っている。

なので、天井経由での大当たりは既に有利区間を1000G弱消化しているわけだ。となると残りの有利区間は500G程度なわけで、せっかくATに入ってもすぐに強制終了されてしまう。純増5枚なら本来500Gもあれば十分なくらいですが、途中でCZを挟むため、天井経由でのATは頑張っても1000枚程度しか獲得できないらしい。

ま~そこまで行くのも稀だとは思うんですが、一応気をつけておきたいですね。

 

おわり!